T.J BRAND ORIGINAL
INDEPENDENT




T.J BRANDSUNRISE SHRED SERVICE Captured by MASAYOSHI KAMIMORI
T.J BRANDNapoleon Fish 3 Dimensions
T.J BRAND

Fiber Glassの積層

MONKEYの開発

MONKEY glass flex limited 2014-2015

INDEPENDENT
What we had done for the snowbaording, and what we should do in the future.

We tested our own crafted snowboards at the mountain, then takes it to shape that is beginning of T.J Brand.
What we are doing is the pursuit of snowboard-manufacturing, the ultimate of further progress. Also, because our generation knows classics (the early days of the culture of snowboarding), so it is shaped as a fison both roots and latest technology.
Rather than being a serious and genuine element, for example, try to bring back the essence of the past or make a prototype (boards) with playfulness.

Along with the message BACKYARD TOY from the start, there is a concept of creating a new board as a play tool and to broaden of the snowboard. Snowboard standards that have reached the final form in recent years are rather the result of emphasizing competition and performance. However, many users including ourselves are not so. There are things that we want while not categorizing, just like free run, into powder with freeride, there is a movement to play on the terrain, that is simply We are pursuing the fun and feeling of riding. Under such circumstances, we have created a development base lab called SUNRISE SHRED SERVISE in West Tokyo, to pursuing materials and shapes while repeating our prototypes, and feeding them back to the products.
In addition, various ideas such as outlines of shapes and bottom shapes are greatly influenced by the culture of surfing. This is the history why we proceed the products of the Fin, Blanks, Hand Shape, and Shapers series. There is a deep relationship with the Japanese powder snow culture, the powder snow sensation put remind of the original water and it links to the sea.

Both Napoleon Fish and MONEY released in the first year of the T.J brand are original shapes. Napoleon Fish made the shape from a modern version with wood, with reference to the feeling of riding behind the vintage board Performer (about 145cm in length) of the 1980s, development progressed from that point. Based on the feeling of size that We tried to ride and tested with our own plywood board before that.
Before making MONKEY, we made only fiber-laminated board and tested. And imitating the original shape of IDENTITY, overlapping their images and completing our own shapes. There is in the base the root of this culture and the respect for revolution.

まず自作したスノーボードをテストし、具体化していったのがT.J BRANDの始まり
自分たちがやっていることは、スノーボード作りに対する追求、進化系の究極。また、クラシック(スノーボードという文化の初期)を知っている世代だからルーツと最新のテクノロジーの融合となって形にしている。シリアスで本格的な要素というよりも、例えば昔のエッセンスを戻してみたり、遊び心を持って試作する。それでスノーボードの幅を広げ遊び方も更に進化させる。

発足当時から”BACKYARD TOY”のメッセージと共に、遊び道具として新しい板づくりをしてスノーボードの幅を広げるというコンセプトがある。近年の完成形に到達したスノーボードの規格はどちらかというと競技やパフォーマンスを重視した結果であり、自分たちも含めた多くのユーザーはそうではなくゲレンデのフリーランもしくはパウダーでフリーライドというカテゴライズしない中に求めているものがあり、地形で遊ぶようなムーブメントがそこにあり、つまりシンプルにライドする楽しさや感覚を追求してる。そういう流れもあって西東京にSUNRISE SHRED SERVISEという開発拠点のラボを作り、自分たちで試作を繰り返しながら素材やシェイプなどを追求し、製品にフィードバックする。また、シェイプというアウトラインやボトム形状など様々な発想はサーフィンというカルチャーからも多大な影響を受けている。これがFIN、ブランクス、ハンドシェイプ、シェイパーズシリーズに至るまでの経緯である。そこには日本ならではのパウダースノーという文化が深く関係していて、そのパウダースノーの感覚は元となる水を連想させ、海とリンクする。

実際にT.Jブランド初年度にリリースしたNapoleon Fish、MONEY共にオリジナルシェイプ。Napoleon Fishは1980年代のビンテージボードPerformer(全長約145cm)をウッドの後ろ乗りの感覚を現代版のシェイプにして、というところから開発が進んだ。それ以前に自分たちでプライウッドでシェイプしてテストして乗ってみたサイズ感を元に。MONKEYは作る以前からファイバーだけで積層したボードを作り、テストしていた。そしてIDENTITYのオリジナルの型を模倣し、自分たちのイメージを重ね独自のシェイプを完成させた。そこにこのカルチャーのルーツと革命へのリスペクトがベースにある。





T.J BRANDのアプローチ
・Fiber Glassの積層 MONKEYの開発
・3 DIMENSIONS 開発 (初号機はNapoleon Fish)
・Detachable Tail
・FIN
・Bonzar Bottom
・Shape -Edgeless、アウトライン形状
・ブランクスの開発
・コラボレーション (Winterstick、代名詞とも言えるスワローテイルを日本版アレンジ)
・ウレタンフォーム (サーフボードのフォーム材からの影響)