3D CONVEX TECHNOLOGY SERIES
DRAFT




3D CONVEX TECHNOLOGY SERIES

ノーズ同様、大きな3D形状を採用したテイルを持つボード。ゲレンデ、オフピステで大きな特性の違いを見せる動きをする。1011モデルよりもFlex,Torsionをゆるくしたことにより、操作性がアップしました。R等の細かい動きにも大きな3D形状のテイルがスラッシュの時にスピードを落とすこと無く壁をハイスピードで抜けていく。超ディープパウダーでは3Dの力が大きく発揮され、沈むこと無くハイスピードで滑走するその姿は豪快そのもの、まさにBig Powder Board。160オーバーのパウダーボードの豪快な滑りを156の軽さのDRAFTで体感することが出来ます。

Offpiste
Bambooのしなり+3D Kicks & Flat bottomがパウダーバーンにおいてSurfingのようにBentなRidingを実現。板自体の持つ独特で伸びのあるターンを体感できます。特に初採用の3D Kick Tailは今までに体感したことの無いパウダーバーンでの浮遊感を、"R"においてはTailを使った自由なライン設定が可能なライディングを体感できます。

Piste
ワイドなアウトラインを感じさせない3D Kicks & Flat bottomが圧接バーンにおいても引っかかりを無くし、新感覚のフィーリングを与えます。

ルックス同様、ボトム形状も開発にこだわったこのモデルは、ノーズから前足の位置までがコンベックス(スプーン)形状のボトムに、また、バインディング間に位置する部分がコンベックス+縦方向にフラットボトムになっています。全体を通してロッカー型になった複雑な3Dボトムは、乗り手にとって難しい印象を与えがちです。しかしフラット部分を中心とした部分でのエッヂグリップ力とコンベックス部分の抜けのバランスが絶妙なこのモデルは直進時の安定性とターン・トゥ・ターンの抜けが非常に良く、素晴らしい加速力を体感することが出来ます。一見、パウダーボードとして片付けられてしまう見た目とは違って、圧雪バーンでのクルージング性能も非常に高くなっています。また、大きなスプーン状のノーズはディープパウダーの中でも抵抗力を逃がしながら大きな浮力を発揮し、フィッシュ形状の短いテイルはパウダーでのコントロール性を高め、壁(R)等の自然地形において自在の角度で侵入し、素晴らしい抜けを実現。短いテイルボードにありがちな、テイルの抜けによるコントロールミスなどは3Dコンベックス& フラットボトムのコンビネーションが解消してくれます。





back to 2011-2012 Model

back to Hsitory -The roots of shape