T.J BRAND ORIGINAL
INDEPENDENT




T.J BRAND T.J BRAND T.J BRAND MONKEY glass flex limited 2014-2015

INDEPENDENT
What we had done for the snowbaording, and what we should do in the future.



TOPICS.1
Glass fiber lamination - MONKEY

IDENTITY SNOWBOARD was born more than 20 years ago at its own factory in Montana, USA. At that time, T.J Brand's director Mr.Nishida, he was disgusted with the long-running snowboard company products that had continued for many years, began researching original shapes and materials used for snowboarding.
Mr. Kawaguchi, who is the president of QUIVER WETSUITS and is famous as a legend surfer, Nishida has been indebt to him for many years, and they talked about snowboarding. Then Mr. Kawaguchi brought me the board from one corner of the office, it was encounter with IDENTITY.
Clear orange and translucent. The length is extremely short like just 140cm and the flex is as unthinkable as a normal wood core. There is clearly something different from the snowboards we have seen. He gave me the shorty plastic board and said "take it and lets get on anyway". And the next winter Nishida got on this board and suprised. Get speed ​​and stability that do not feel the length of 140cm at all. Just a little weight is applied to the rail, making it possible to make a sticking carving turn. What's more, he was amazed that the powder could be smooth and speedy without any sinking. This led to "MONKEY" which later released a revival model of bamboo wood core from T.J BRAND. We have created molds, laminated glass fibers, handmade shapes, and made our own boards.
IDENTITY SNOWBOARDS was founded by John McGinnis, who worked as a former BURTON rider and then released various boards as a development engineer. IDENTITY uses the world's first carbon composite material as the main material, and by developing a new dimension of snowboard that does not require core by a method different from the conventional method, perfect parabolic flex (equal board warp) Produced. However, this product, which was innovative at the time, was "too early", and couldn't ride the wave of the times, and it ended in a few years. But, there was a man who was eager to explain the revolution, keeping a small booth at one corner of the joint exhibition SIA held every year in the US at that time. The man was Craig Kelly (Passed away in January 20, 2003 -aged 36 -Snow avalanche accident) , who has been said to be a legend in the snowboard. To tell you the truth, "Jhon McGinnis is the creator" of Craig Kelly's signature model, which has been released from BURTON for many years, is the legendary sword "SUPER MODEL".


グラスファイバーの積層 MONKEY

今から20年以上前にアメリカのモンタナ州にある自社工場で産声をあげたIDENTITY SNOWBOARD。当時、長年続いてきたツンチップ形状やマンネリ化したスノーボードカンパニーのプロダクトというものに嫌気がさしていたディレクター西田は、オリジナル形状やスノーボードに使用する素材の研究を始めていた。
当時も今も変わらず、長年に渡りお世話になっているQUIVER WETSUITSの社長でありレジェンドサーファーとしても名高い河口氏とスノーボードの談話をしていた際に事務所の片隅から持ってきて見せてくれたのがこのIDENTITYとの出会いだ。クリアオレンジの半透明、レングスも140cmと極端に短く、フレックスは通常のウッドコアでは考えられない程のしなりと今まで見てきたスノーボードとは明らかに何かが違う。「とにかく乗ってみなよ」と渡されたこのプラスチック製の短いボードだったが、翌シーズン何気なくこのボードに乗って更に衝撃を受けることになった。140cmというレングスを全く感じさせないスピードと安定感。少し体重をレールに加重するだけで張り付くようなカーヴィングターンが可能。その上、パウダーでも全くボードが沈むことなくスムーズでスピーディーなライディングができるとは驚かされた。これが後にT.J BRANDからバンブーウッドコアのリバイバルモデルをリリースした"MONKEY"に繋がる。モールドを作成し、グラスファイバーを積層、ハンドメイドでシェイプしてボードを自作するまでに至った。

IDENTITY SNOWBOARDSは元BURTON所属ライダーとして活動後、開発エンジニアとして様々なボードを世に送り出したJohn McGinnisによって創立された。IDENTITYは世界初となるカーボン複合素材を主体素材とし、従来とは異なる工法により、心材を必要としない新しい次元のスノーボード開発をすることで、完璧なまでのパラボリックフレックス(均等なボードのタワミ)を生み出した。
しかし当時では革新的だったこのプロダクトも"早すぎた"のか、時代という波には乗れず、数年で終わりを遂げた。だが、その当時のアメリカで毎年開催されたSIAという合同展示会の片隅で小さブースを終始立ち続け、熱心にこの革命の説明に明け暮れる一人の男がいた。その男こそ、スノーボード界の伝説と言われ続けている(故)クレイグ・ケリーだった。そして何を隠そうこのIDENTITYの創立者であるJhon McGinnisこそが長年BURTONからリリースされ続けていたクレイグ・ケリーのシグネチャーモデルであり、伝説の名刀"SUPER MODEL"の生みの親なのである。

snowstyle 2012年 Vo.231 より一部抜粋





T.J BRANDのアプローチ
・Fiber Glassの積層 MONKEYの開発
・3 DIMENSIONS 開発 (初号機はNapoleon Fish)
・Detachable Tail
・FIN
・Bonzar Bottom
・Shape -Edgeless、アウトライン形状
・ブランクスの開発
・コラボレーション (Winterstick、代名詞とも言えるスワローテイルを日本版アレンジ)
・ウレタンフォーム (サーフボードのフォーム材からの影響)