3D CONVEX TECHNOLOGY SERIES
DRAFT




3D CONVEX TECHNOLOGY SERIES

ノーズ同様、大きな3D形状を採用したテイルを持つボード。ゲレンデ、オフピステで大きな特性の違いを見せる動きをする。R等の細かい動きにも大きな3D形状のテイルがスラッシュの時にスピードを落とすこと無く壁をハイスピードで抜けていく。超ディープパウダーでは3Dの力を大きく発揮、沈むことなくHi-speedで滑走するBig Powder Board。170cm overのBig gun顔負けの浮力と突進力を持ち合わせながら3D独特の取り回しの良さを兼ね備えた最強ボード。その突き進む力強さ•安定感に今まで見えなかったラインが見えてくる。パウダーでは絶大な浮力を発揮し、フリースタイル要素も多分に兼ね備えるDRAFT。その秘訣はテイルにも3Dを採用した点にあるが、荒れたコンディションになってくるとテイルでのターンが抜けやすいために弱点にもなる。その解決策は硬い斜面ではセンター加重ウエストでターンをすること。1617モデルまではウエスト周辺にポリプロピレンを組み込んでいたが、1718モデルでは新技術を導入。軽量X-woodとPoplarのミックスコアに、ウエスト周辺部分のWoodcoreベース側にDot Holeを多数削り、そこにフォームを入れるという非常に手間のかかるウッドコアを開発。フォームをウエスト周辺にX状に入れることでノーズとテイルの張りを保ちながらウエスト周辺に集中的にトーションの緩さとフレキシブルさを持たせることに成功。ウエストを使ったターンで最大限にしっかりとグリップを発揮するようになり、まさにDRAFTのコンセプトに最適なウッドコアに仕上がっている。




back to 2018-2019 Model

back to Hsitory -The roots of shape