3D CONVEX TECHNOLOGY SERIES
GOLDEN BAT BONZAR BOTTOM




3D CONVEX TECHNOLOGY SERIES

1718モデルでは従来2フレックス用意されていたこのモデルに、全く違った構造を取り入れた。BC-mix modelには軽量芯材SLW mix core3(Super Light Wood mixcore3)をベースにTriaxial fiberglassへ弊社独自開発のBoomerang carbonを配合。両足元から有効エッジのスタート/エンド付近まで伸びたカーボン配合グラスがよりダイレクトにエッジングを強化。シャープで高次元レスポンスが超高速時やハードバーンにも耐えうるグリップ力と操作性を発揮。Bredren collab modelへは従来のSoft ver.では実現しきれなかったフレキシブルさを遂に完成。こちらも弊社独自開発となる新技術FTC-PD core2(Flex & Torsion control Punching Dot core2)を初搭載。軽量芯材X-woodとPoplarから成るミックスコアにウエストを中心にドットホールをX状に貫通させ、フォームを埋め込んだ。これによってもともとタフなフレックスときついトーションになりがちな3D構造のボードにウエスト周辺のフレックスや反応を低減させることで今までの3Dボードでは成し得なかったソフトなフレックスと緩いトーションをもたらせることに成功。また、Bonzar bottom周辺が3Dコアになっているために、今までテイルを緩くすることが実現できなかったが、同じくテイル付近にも多数の穴を開けフォームを注入することでテイルの抜けが非常にナチュラルな反応になった。サーフライクなナチュラルな乗り味を遂に実現。どんな斜面でも高速で攻める時はBC mix model、あらゆる地形に合わせて気持ち良くスノーサーフィンを楽しむ時はBredren collab modelをオススメ。 Bonzar Bottom パウダーでの浮力、スピードアップ、自然なターンへの侵入と抜けを実現。滑走面の後足バイン付近からシングルコンケーブを経てデュアルコンケーブへとなりテイルへの流れを作り出す。テイル部分の際までフラット部分を残しているので、圧雪バーンでは、安定したノリ味と加速性、シャープな切れ味を発揮。深雪において初めて発揮されるBONZAR BOTTOMは足下で確かな揚力を感じ、後足でしっかりと板を踏むことでスピードアップ、また、3Dノーズの浮力が後方の揚力によって沈むこと無く前方へと加速する手助けをする。

Bonzar bottom
パウダーでの浮力、スピードアップ、自然なターンへの侵入と抜けを実現。滑走面の後足バイン付近からシングルコンケーブを経てデュアルコンケーブへとなりテイルへの流れを作り出しています。テイル部分の際までフラット部分を残しているので、圧雪バーンでは、安定したノリ味と加速性、シャープな切れ味を発揮。深雪において初めて発揮されるBONZAR BOTTOMは足下で確かな揚力を感じ、後足でしっかりと板を踏むことでスピードアップ、また、3Dノーズの浮力が後方の揚力によって沈むこと無く前方へと加速する手助けをします。 ボンザーの理論は流体力学の「ベルヌーイの定理」と「コアンダ効果」を利用しシングル~ダブルコンケーブのボトム形状にすることで、ボードに2つのバレルを掘ることにより、ボトムを流れる水流の速度を上げ、揚力を出す。そしてターンの際には水流がリリースできるようにしたサーフボードに多く使用されているボトム形状。そこからヒントを得て、スノーボードに活用。パウダーでの浮力、スピードアップ、自然なターンへの侵入と抜けを目指したカタチ。滑走面の後足バイン付近からシングルコンケーブを経てデュアルコンケーブへとなりテイルへの流れを作り出しています。テイル部分の際までフラット部分を残しているので、圧雪バーンでは、安定したノリ味とスピードの乗り方、シャープな切れ味を発揮します。深雪において初めて発揮されるBONZAR BOTTOMは足下で確かな揚力を感じ、後足でしっかりと板を踏むことでスピードアップ、また、3Dノーズの浮力が後方の揚力によって沈むこと無く前方へと加速する手助けをします。 ボトムのSingle~Dualコンケーブ部分は最初にサンドペーパー#320位でならし、段階を経て耐水ペーパー#1200くらいでフィニッシュして下さい。この部分はホットワックスをかけずに、簡易ワックスをご使用下さい。





back to 2017-2018 Model

back to Hsitory -The roots of shape