POWDER SKI SERIES
NAPOLEIN FISH 158 SKI




POWDER SKI SERIES

【乗りこなす事で得られる新たな世界観、「Short Fat Ski」と言うニューコンセプト。】 3年前、国産の木材を使用したPly woodのブランクスからHand shape boardの制作を行う「Sunrise Shred Service」にて、 Hand shapeで削りだした skiが原型。その後、テストを重ねて今期発売へと至りました。 私は物心ついたときからSkiを楽しめる環境で育ち、Snowboardと出会ってからはどちらも楽しんでいる。 開発前までの20年間はSnowboardでの滑走日数のほうが多く、特にパウダーはSnowboardで滑る事に魅力を感じていました。 普段、T.J familyと一緒に谷川岳の上質なパウダーを滑るときはSnowboardを使用する事が圧倒的に多く、Skiをしている時もBoardのLineを描きたいのですが、 スキーメーカーの作る板は当然「Ski」で、「BoardのFeeling」は感じられませんでした。そんな思いを、T.J familyの協力のもと形に変えた物が 、T.J からリリースされたSki、「Napoleon Fish 158」なのです。 Napoleon Fish 158 は、Powder滑走時における「BoardのFeeling」を得るために「Short・Fat・Stylish」をキーワードにOutlineを考えました。 Outlineは、Surf BoardのようにStylishで、「Napoleon Fish」のような操作性を求めた結果Inedge,Out edgeをAsymmetry(非対称)にする事でこの形となった。 レングスはSnowboardでパウダーを滑る時に選ぶ板の長さを基準に調整。Skierからは「短くないですか?」と良く質問されるが、 短いからこそ機動性に優れ、きわどいトラバースラインや尾根の複雑な地形などにも対応でき、尚かつコンパクトな地形も楽しめる。 また、乗りこなす事で広い斜面やハイスピードのターンも気持ちよく安定して滑る事が出来る。そして、パウダーでの浮力を得るため全体的に ファットな仕上がりとなりました。 「Napoleon Fish 158」は、スノーボードの感覚を取り入れた「Shot Fat Ski」と言う新しいカテゴリーのスキーです。 スキーヤーはもちろん、昔スキーをしていたボーダーに是非体験してもらいたいと思います。 -Teruo Ueki-




back to 2015-2016 Model

back to Hsitory -The roots of shape